空き家対策/解体工事の流れ

  • 空き家対策
  • 解体工事の流れ

空き家対策

固定資産税とは

土地や家屋の所有者には、毎年1月1日に相応の税金が課せられる決まりとなっています。
それが固定資産税です。
固定資産税は土地や家屋に算定された課税標準額を基にして算出されます。
この時、所有している家屋が現在は人の住んでいない空き家であっても
課税対象となりますので気をつけましょう。
使われていない空き家の対処でお困りの際は、
茨城県高萩市のミヤタ建設までお気軽にご相談ください。

【算出方法】

固定資産税評価額(課税標準額)×1.4%(標準税率)=固定資産税の額

固定資産税の減免規定

所有している土地が住宅用地として使われている場合、
固定資産税を算出するための課税標準額を定める際に、
最大で6分の1までの減免措置を受けることが可能です。
ただし、住宅用地であることが減免措置を受けるための条件ですので、
所有している土地が住宅用地でなくなった場合は適用外となります。
また、住宅の用途を店舗などに変更したり、
住宅の一部もしくは全てを取り壊した場合にも届出をおこなわなければなりません。

【減免規定】

住宅用地で住宅1戸につき200㎡以下の用地(小規模住宅用地):課税標準額×1/6
住宅用地で住宅1戸につき200㎡を超える部分の用地(一般住宅用地):課税標準額×1/3

空き家増加の一因

空き家などの使われていない家屋を取り壊すための解体工事には、
決して安くはない費用が必要となってしまいます。
また、実際には住宅用地として使用されていない空き家に対しても
固定資産税の減免措置が適用されている場合も多く、空き家をそのまま放置している
ケースが増加しているのです。
放置空き家は老朽化によって倒壊や街の景観を損ねるなどのトラブルの原因ともなるため、現在深刻な問題として取り扱われています。

空き家対策特別措置法とは

倒壊などによる災害の危険性、景観や衛生面の悪化を招く放置された空き家の対策として、平成27年5月26日から「空き家対策特別措置法」が施行されました。
これは定められた条件に該当する空き家を「特定空き家等」と位置づけ、
解体の通告や強制対処を可能とするものです。
もちろん突然強制対処がおこなわれるようなことはなく、
段階を踏んでの手続きとなりますが、
所有家屋が「特定空き家等」に該当するかどうかをよく把握しておく必要があります。

【特定空き家等】

・倒壊の危険や保安上の危険性が高いと考えられる状態
・衛生面において著しく有害であると認められる状態
・適切な管理がおこなわれておらず著しく景観を損ねる状態
・近隣地域の生活環境を保持するために放置することが不適切な状態

固定資産税が増える可能性

空き家対策特別措置法の施行にあたり、
特定空き家等に指定されて措置を勧告された場合は
固定資産税の減免措置から除外されることが定められています。
これまでは一般住宅用地で3分の1、小規模住宅用地は6分の1に減免されていましたので、
減免措置の除外によって固定資産税はそれぞれ3倍、および6倍にもなってしまいます。
茨城県高萩市のミヤタ建設は、解体工事から土地活用方法のご提案まで
おこなっておりますので、お困りの際はぜひご相談ください。

解体工事の流れ

01

現場調査

まずはミヤタ建設までご連絡をいただき、現場の調査をおこなわせていただきます。
詳細なお見積もりを出すためには、現地の土地環境や形状などをリサーチしなければなりませんので、何卒ご了承ください。

現場調査

02

見積書提出

現場調査の結果をもとにお見積書を作成、提出させていただきます。トラブル防止のため、施工内容などを詳細に記してご説明いたしますので、ご不明な点等がございましたらご遠慮なくお訊ねください。

見積書提出

03

近隣挨拶

施行に先駆けて、まずは近隣住民様への挨拶を実施いたします。
解体工事ではどうしても騒音や振動、粉塵などが発生してしまいますので、ご理解いただけるよう丁寧なご挨拶をおこなわせていただきます。

近隣挨拶

04

足場組立

安全な作業のための足場を組み立てます。
足場の設置によって、高所作業等も事故や災害の心配なく安心しておこなうことが可能です。
同時に防音、防振、防塵のための養生シートなどを設置いたします。

足場組立

05

工事開始

問題なく段取りが進みましたら、いよいよ解体工事の開始です。
ミヤタ建設では常に安全第一の丁寧な施行を心掛けておりますので、安心してお任せください。
粉塵を防ぐための散水も、こまめにおこなっています。

工事開始

06

廃棄物処理

解体工事の際に発生した、さまざまな廃棄物の処理もミヤタ建設が承ります。所定の施設へと運搬し、適切な処理をおこなっておりますのでご安心を。
地中障害物等がない限り、追加での費用は発生いたしません。

廃棄物処理

07

工事終了

解体工事の終了後は自社にて各所のチェックをおこなった後、お客様にもお立ち会いいただき工事のご確認をいただきます。
施工後は現場の清掃や後片付けまで入念に実施するのが、ミヤタ建設のこだわりです。

工事終了

土地の有効活用提案

解体後の土地活用方法でお悩みの際は、わたしたちミヤタ建設にご相談ください。
コインパーキングや土地売却、太陽光発電など、お客様に合ったご提案と、実現のためのサポートをおこなわせていただきます。

土地の有効活用提案

トランクルーム

コインパーキング

土地売却

太陽光発電

ページの先頭へ