10のチェックポイント

10のチェックポイント

複数社の見積もりをとる

複数社の見積もりをとる

いくら価格が安そうに思えても、1社のみの見積もりでは本当にそれが適正な価格かどうかが判断しづらいものです。極端に多くの業者から見積もりをとりすぎると断るのに手間が掛かってしまいますが、2~3社程度は見積もりを依頼して、比較検討されることをおすすめいたします。
また、コスト面ばかり重視しすぎるのも考えものです。中には施工の内容が価格に見合っていないような業者も存在しますので、説明が丁寧であるかどうかなどの対応面も見極めましょう。

見積書の内容をしっかりチェック

見積書の内容をしっかりチェック

見積書の内容でチェックしなければならないのは価格だけではありません。いくら価格が安くても、必要な施工が省かれていたり、希望する内容と異なっていたりしたのでは本末転倒です。
設備の撤去費用や仮設費用などが、きちんと見積書に記載されているかをチェックしましょう。
悪質な業者になると解体費用を極端に安くし、撤去費用、仮設費用などを多めに計上するというケースもあります。
「木造2F建て33坪で95万円」程度を目安に建物解体費用をご検討ください。

近隣への対応をおこなってくれる

近隣への対応をおこなってくれる

家屋の取り壊しをおこなう解体工事では、どうしても騒音や振動、粉塵などが少なからず発生してしまいます。
近隣住民様との余計なトラブルを招かないためにも、きちんと事前に工事の説明を兼ねたご挨拶をおこなってくれる業者を選ぶことが大切です。
茨城県高萩市のミヤタ建設では、工事前に必ず近隣住民様へのご挨拶を弊社スタッフがおこなわせていただきます。
誠実かつ丁寧な対応で接しておりますので安心してお任せください。

解体工事業者として許可を受けている

解体工事業者として許可を受けている

解体工事をおこなうためには、建設業もしくは解体工事業の登録をおこなっている業者でなくてはなりません。
後々のトラブルを防ぐためにも、ご依頼される業者がきちんと許可を受けている業者かどうかを確認しておきましょう。
特に気をつけたいのが廃材の運搬許可です。業者が廃棄物を運搬するためには、産業廃棄物の収集・運搬許可が必要となります。
事前に各種許可書のコピーをもらうなどしておくことをおすすめいたします。

廃材の処分先を確認しておく

廃材の処分先を確認しておく

近年、廃棄物の不法投棄が大きな問題となっております。場合によっては不法投棄をおこなった業者のみならず、施主様までもが罰せられることもありますので、決して他人事ではありません。解体工事にて発生した廃棄物を、どの処分場でどのように処理しているのか、きちんと業者に確認しておきましょう。もちろん、ミヤタ建設では廃棄物の処分先から処理方法まで、お客様にご納得いただけるまで丁寧にご説明させていただいております。

施工実績や職人の腕をチェックする

施工実績や職人の腕をチェックする

安心して工事を任せるためには、その業者がどのくらい解体工事における施工実績をもっているのか、という点も気になるところです。
必ずしも歴史が浅いから腕がない、ということはありませんが、同様の物件を手掛けたことがあるかどうか、職人のキャリアや資格など、チェックできる部分はできるだけチェックしておきましょう。
ミヤタ建設は高萩、水戸を中心に、木造家屋に特化した解体工事を長年続けてきておりますので、安心してお任せいただければと思います。

自社施工をおこなっている業者か?

自社施工をおこなっている業者か?

解体工事には直接解体業者へと依頼するケースと、中間業者を介して外注による解体工事がおこなわれるケースとがあります。
下請け業者への外注にて工事がおこなわれる場合、トラブルへの対応が疎かであったり、責任の所在が不明になったりするなどの事態を招くことも。
その点、自社施工を行っている業者への直接依頼であれば、対応も早くスムーズですしコスト面でも有利です。
高萩、水戸、県北の解体工事は自社施工のミヤタ建設にお任せください。

各種書類の届出を代行してくれる

各種書類の届出を代行してくれる

解体工事の際には、各市町村にさまざまな届出を提出する必要があります。
80㎡(24坪)以上の建物の場合は着工7日前までに「解体届け」を市町村に、国道や県道、市道などを使用する場合は「道路使用許可証」を警察に、ガス・水道栓の位置を確認してもらうためには「ガス・水道立会願」をガス・水道局に、それぞれ必要に応じて提出しなければなりません。
意外と手間の掛かる作業ですので、これらの代行をおこなってくれる業者が好ましいでしょう。

担当者の対応がしっかりしているか?

担当者の対応がしっかりしているか?

しっかりとした施工をおこなってくれる業者は、必然的に担当するスタッフの対応も丁寧でしっかりしているものです。
お客様に直接プランの提案をおこなったり、施工内容の説明をしたりするのは担当スタッフですので、応対が曖昧で分かりづらいようでは安心して工事を任せることはできません。
メリットだけでなくデメリットもきちんと説明してくれるような、信頼の置ける担当者が対応してくれるような業者をお選びください。

工事後のアフターフォローについて

工事後のアフターフォローについて

解体工事を終えた後に、隣家の外壁に損傷を与えてしまっていたなどのトラブルが発生する可能性もゼロではありません。悪質な業者になると、工事が終わってしまえば後は知らん顔で、一切取り合ってくれないというケースもあります。
ご依頼の際にはアフターフォロー体制に関しても、しっかり確認しておくようにしましょう。
ミヤタ建設は工事後のサポートも万全です。
トラブルの際は迅速に対応させていただきますので、すぐにご連絡ください。

ページの先頭へ